”和製ビヨンセ”TAEKOが圧巻パフォーマンス 「アジア、世界でも活動していきたい」

スポーツ報知
ライブイベントで歌声を披露するTAEKO(カメラ・小泉 洋樹)

 9月1日にシングル「Queen Bee」でデビューした歌手のTAEKO(29)が16日、都内でお披露目ライブを行った。

 4オクターブを超える迫力の歌声と、20年以上のダンススキルを誇る“和製ビヨンセ”が、ついにベールを脱いだ。お披露目ライブでは「Queen―」など3曲を披露。「『マイクの数だけここに夢を描く』という歌詞のように、歌える幸せを忘れずに歌っていきたい」と思いを込めた。

 ダンサーとして活動していたが、友人から歌の才能を絶賛されたことをきっかけに独学で歌を勉強。2018年には、米ニューヨークの音楽の聖地・アポロシアターで行われる公募型オーディション「アマチュアナイト」に合格し、5位の高評価を得て日本デビューの運びとなった。この日のステージではアマチュアナイトでも披露したビヨンセの「Listen」も情感たっぷりに披露。「まずは日本でいろんな方に知って頂き、ゆくゆくはアジア、世界でも活動していきたい」と野望を語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×