【中日】38試合出場の滝野要は106万増「これからどう生きていくか考えさせられたシーズンだった」

ナゴヤ球場で契約更改した中日・滝野要
ナゴヤ球場で契約更改した中日・滝野要

 中日・滝野要外野手が16日、ナゴヤ球場での契約更改に臨み、106万増の730万円(推定)でサインした。

 今季はプロ3年目で初の開幕1軍入りし、キャリアハイの38試合に出場した。持ち味は打撃だが、打率1割3厘と壁を痛感した部分もあった。本職の外野だけでなく内野も守り、走塁でもチームのピースを目指す滝野は「今年は、これからどう生きていくか考えさせられたシーズンだった。今の体では1軍のいい投手に力負けしてしまう。もう一度体を作り直すために、トレーニングを死にものぐるいでやってオフシーズン体を鍛えたい。『滝野変わったな』と思われるようにオフを過ごしたい」と意気込んだ。元阪神・金本知憲氏や新井貴浩氏もオフに訪れた鹿児島・最福寺で護摩行を行う予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請