【東京スポーツ杯2歳S】グランシエロ 武井亮調教師「確実に伸びる」と持ち味を生かす作戦

スポーツ報知
グランシエロが重賞初制覇へ好ムード

◆第26回東京スポーツ杯2歳S・G2(11月20日・芝1800メートル、東京競馬場)

 アイビーSで2着のグランシエロ(牡2歳、美浦・武井亮厩舎、父ハーツクライ)が、初重賞参戦に向けて順調に調整されている。

 1週前追い切りは、三浦皇成騎手が乗って、美浦・Wコースで併せ馬。パルマリア(6歳2勝クラス)を5馬身追走して併入した。

 「これまでは馬のリズムを重視してきたが、今回はある程度のポジションを取れるような調教をしてきた」と武井亮調教師。

 スタートに課題を残すが、近2走は最速の上がりで1、2着。前走も出遅れたが、直線で鋭く伸びてタイム差なしの首差まで詰め寄った。最後は「確実に伸びる」と、トレーナーはこの馬の末脚を信頼しての作戦を練っている。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×