藤森慎吾「ガランとした家片付け。引っ越し先探している」、ブラジル人一般女性と破局し自虐

スポーツ報知
都内でAmazonプライムビデオ「バチェラー・ジャパン」シーズン4のトークイベントを行った(左から)藤森慎吾、今田耕司、黄皓氏、指原莉乃

 タレントの今田耕司、指原莉乃、オリエンタルラジオの藤森慎吾が16日、都内でAmazonプライムビデオ「バチェラー・ジャパン」シーズン4(25日配信スタート、全10話)のトークイベントを行った。

 藤森は交際していたブラジル人の一般女性と破局していたことを、10月にテレビ番組内で報告。今田から「我々が(視聴者の)期待を分かっていないもんね。そんなこと言ったら、お別れしたもんね」と振られ、「収録終わったぐらいのタイミングで独りになってしまいました。今(別れて)1か月ぐらい」と苦笑い。「ガランとした家を片付けながら引っ越し先を探しています」と明かした。

 収録期間中に「裏バチェラートークをしていた。『ちょっと危ないです』みたいなのは聞いていた」(今田)そうで、藤森は「お二人に話を聞いてもらっていたんですけど、持たなかったです。放送まで持たず、でした…」と肩を落とした。

 同番組は、成功を収めた1人の独身男性(バチェラー)のパートナーを勝ち取るため、15人の女性たちが競い合う婚活サバイバル番組。シーズン4では、男女逆転版「バチェロレッテ・ジャパン」に参加し、最後の2名に選出された実業家の黄皓(こうこう)氏(34)が4代目バチェラーを務める。

 今田は「あかんかった人たちを集めて、何かしてくれんかな。打ち上げでもいいから」と恨めしがっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×