【中日】大野雄大、京都府と京都市の栄誉賞ダブル受賞「自分のことを京都人だと思う」「賞に恥じないよう」

スポーツ報知
京都府スポーツ賞特別栄誉賞を受賞した中日・大野雄大投手(右は西脇隆俊知事)

 中日の大野雄大投手が15日、京都府庁と京都市役所でそれぞれ「京都府スポーツ賞特別栄誉賞」「京都市スポーツ最高栄誉賞」の授与式に出席した。東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」として金メダルに貢献した功績が評価された。「賞に恥じないように野球人、一人の人間として精進していきたい」と誇らしげに語った。

 京都市出身で、京都外大西高、佛教大と中日入団までを京都で過ごした。「自分のことを京都人だと思っている。愛知に行ってからも京都のことが大好き」と故郷からの栄誉賞の贈呈は何よりの喜びとなった。

 33歳のエース左腕は今季7勝11敗に終わり、オフも若手に交じって秋季キャンプで汗を流す日々を送る。「立浪新監督になってチーム全員が引き締まっていると僕自身も感じている。もう一度、強いドラゴンズを作り上げるという気持ちが感じられる。僕も投手の柱としてチームを勝たせられるように」と来季への思いを強くした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×