小室眞子さんがニューヨークに到着 圭さんは気温7度でも「ダース・ベイダー」スタイルのまま

スポーツ報知
ニューヨーク行きの飛行機に搭乗する小室眞子さん

 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)は14日午前、夫の小室圭さん(30)と東京・羽田空港から民間機で米国へ出発し、同日午後11時(米東部時間14日午前9時)ごろ、ニューヨークに到着した。眞子さんは黒のパンツスーツ、小室さんは「スター・ウォーズ」の人気キャラクター「ダース・ベイダー」がプリントされたTシャツにカーディガンを着用。報道陣の呼び掛けには応じなかったが、時折笑顔をのぞかせていた。

 新婚の2人は午前10時すぎ、7人の警備員らとともに搭乗口に緊張した表情で現れた。サラサラな髪を下ろした眞子さんは、シックな紺色のトップスと黒のパンツ姿。小室さんは緑色と白のカーディガンを着ていたが、白いインナーTシャツの胸元には、米国生まれの世界的キャラクター「ダース・ベイダー」がプリントされていた。2人とも左手薬指に指輪はなかった。

 集まった約100人の報道陣が「おめでとうございます」「今のお気持ちはいかがですか」などと呼び掛けたが、2人とも応じず会釈するだけにとどめた。無数のフラッシュを浴び、伏し目がちに通り過ぎる眞子さんの左手には、民間人となってから取得したパスポートが握られていた。搭乗直前、防犯チェックのためにマスクをずらした際には、お互いに見つめ合い、笑みを見せる場面もあった。

 午前10時20分の全日空便で出発し、約12時間半後、ケネディ国際空港に到着。到着したニューヨークの午前9時の気温は7度だったが、小室さんは出発時と同じ姿で、眞子さんは出発時に左手に抱えていたコートを羽織って報道陣の前に現れた。

 多くの警備員に囲まれながら、数回会釈して無言でターミナルを出て迎えのワゴン車へ。そこで眞子さまは満面の笑みで関係者に何度も頭を下げた。眞子さんに続き小室さんが車に乗り込む際、入り口に軽く頭をぶつけるアクシデントもあったが、2人で顔を見合わせほほ笑み合っていた。

 この日、羽田空港の警備は厳戒態勢。搭乗口付近では警備員や警官10人以上が目を光らせ、出発時刻の20分前には一般客を搭乗口に近寄らせない“小室シフト”も敷かれた。安全性を確保するため、航空会社の判断で、エコノミークラスで予約していた2人を、ビジネスクラスの席に変更した。

 小室夫妻をひと目見ようと、出発ロビーの保安検査場前には約300人が集まった。ただ、2人は一般客とは別の“VIPルート”で保安検査を受け、ロビーには姿を現さなかった。

 今後、2人はニューヨークを拠点に新生活を始める。最初のハードルは小室さんの弁護士資格取得だ。7月の試験は不合格となり、小室さんはマンハッタンの法律事務所に事務員として勤務しながら、来年2月に再挑戦する予定だ。

 眞子さんは大学で美術・文化財研究を専攻して学芸員の資格を持ち、英国留学の経験もあるが、今後については「私的なこと」として明らかにしていない。まだしばらくは注目を集めそうだ。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請