女子2位の河辺愛菜、エキシビションで人気の韓国ドラマ「愛の不時着」熱演 ダブルアクセル着氷

演技する河辺愛菜
演技する河辺愛菜

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯から一夜明けた14日、会場となった東京・代々木第一体育館でエキシビションが行われた。

 女子で2位に入った17歳の河辺愛菜(木下アカデミー)は、人気の韓国ドラマ「愛の不時着」から「フラワー」を演じた。薄紫の鮮やかな衣装に身を包み、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)などを着氷。軽やかに世界観を熱演した。

 NHK杯では、ショートプログラムでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、自己ベストの73・88点をマーク。フリーでは大技こそ決められなかったが、その他のジャンプを確実に降り、GPシリーズ自身初の表彰台に上がった。「今回、チャンスが回ってきて経験できたことはすごいありがたい。それが少しでも五輪につながっていればいいなと思います」と話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請