ワールドプレミアが体調不良でJC登録取りやめ

スポーツ報知
ワールドプレミア

 5月の天皇賞・春を制したワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が、次戦に予定していたジャパンC・G1(11月28日、東京・芝2400メートル)への登録を見送ることになった。11着に終わった天皇賞・秋からの反撃へ準備を進めていたが、体調不良で態勢が整わないため。友道調教師は「今後は馬の状態や様子を見てから決めたい」と話した。

 友道厩舎はジャパンCにマカヒキ(牡8歳、父ディープインパクト)、ワグネリアン(牡6歳、父ディープインパクト)、ユーキャンスマイル(牡6歳、父キングカメハメハ)の3頭出しとなる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×