【阪神】ドラフト7位・中川勇斗と仮契約「将来は日本を背負えるようなキャッチャーに」

阪神ドラフト7位の京都国際・中川勇斗捕手
阪神ドラフト7位の京都国際・中川勇斗捕手

 阪神は14日、ドラフト7位で指名した京都国際・中川勇斗捕手と京都市内のホテルで契約交渉を行い、契約金2000万円、年俸460万円で仮契約を結んだ。中川は「未来の正捕手として頑張ってほしいという言葉を頂きました。まだまだ力不足なので、もっと頑張ろうという、気持ちが芽生えました」と意気込んだ。

 中川は初出場となった夏の甲子園では2本塁打で4強に導いた立役者。担当の渡辺スカウトは「走攻守そろって、特にキャッチャーとしての能力は高い。今のレギュラーをおびやかすような選手になって、最終的にはレギュラーを取ってくれたらと思います」と期待を寄せた。17歳の中川は「将来は日本を背負えるようなキャッチャーになって、侍ジャパンで世界一を獲りたいと思います」と大きな夢を抱く。東京五輪の侍ジャパンのメンバーとして金メダルに輝いた梅野に「勝負強いバッティングとか試合に入る前の心構えとかを聞いてみたいです」と目を輝かせた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×