ジャルジャルが近大の就活生に突破力をアドバイス「唯一無二感が大事」

ジャルジャルの後藤淳平(左)と福徳秀介
ジャルジャルの後藤淳平(左)と福徳秀介

 お笑いコンビ・ジャルジャルが13日、大阪府東大阪市の近畿大学で開催された「令和3年度近畿大学就職活動決起大会 ~自分の道は自分で決めろ!~」に“就活コミュニケーションアドバイザー”としてゲスト出演した。

 就活戦線に本格的に向かう近大生のため、教職員やOB・OGらがバックアップするイベント。プログラム上ではジャルジャルは「就活あるある」のコントを披露する予定だったが、面接コントの設定ながら、まさかの下ネタ一本やりで、会場はシーン。終演後、後藤淳平は「申し訳ございませんでした。ダメ元で(大学側に)提案したらOKが出たので…」と苦笑いした。

 トークセッションでは学生からの悩み相談を受けた。2人とも関西大学出身だが、大学時代からお笑いに打ち込み、就活経験はなし。それでも、2020年のキングオブコントなど数々のお笑いコンテストを勝ち抜いており、競争の突破力について後藤は「周りと(個性が)かぶらないこと。唯一無二感が大事」。福徳秀介は「芸人なら衣装や髪型を変えられるが、リクルートスーツで個性を出すのは大変」と学生に同情しながら「背筋を伸ばして胸を張って堂々とすること」とアピール法を伝授した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請