【巨人】宮本和知コーチが退任、桑田氏がチーフ格…相川亮二コーチも退任、2軍の実松氏が1軍へ

宮本和知投手チーフコーチ
宮本和知投手チーフコーチ

◆2021JERA クライマックスシリーズ セ 最終S第3戦 ヤクルト2x―2巨人=規定により9回表終了で引き分け=(12日・神宮)

 巨人・宮本和知投手チーフコーチ(57)が今季限りで退任することが12日、分かった。

 宮本コーチは18年シーズン後の秋季キャンプから現役引退以来21年ぶりとなる現場に復帰し、指導にあたった。選手との対話を中心に共に笑い、泣き、情熱あふれる指導で中川、大江らを成長させ、救援陣を作り上げ、19、20年の連覇に貢献。だが、今季は先発の枚数不足にも苦しみ、チーム防御率が3・63と昨季のリーグ1位から4位に悪化。責任を痛感し、自ら退く意思を固めた模様だ。今後は球団のフロントに入り、チームを支えていく見込みだ。

 また、相川亮二バッテリーコーチ(45)も今季限りでの退団が決まった。19年より巨人で指導者人生を歩み始め、粘り強い指導で大城を主戦級の捕手に育て上げた。小林や今季途中に楽天へ移籍した炭谷を含めた「捕手3人制」を機能させ、19年からのリーグ連覇へつなげた。

 両者の退任に伴って、桑田投手チーフコーチ補佐をチーフ格に、バッテリーコーチには2軍から実松バッテリーコーチをそれぞれ昇格させる。他にも配置転換が行われ、1軍打撃部門には金杞泰(キイテ)2軍ヘッドが加わり、後藤野手チーフコーチは、ファームへ配置転換となる見込みだ。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請