全員65歳以上のeスポーツ、プロを目指す 秋田「マタギスナイパーズ」…孫の影響でゲーム解禁しハマる

スポーツ報知
人気ゲーム「フォートナイト」をプレーするマタギスナイパーズのメンバーたち

 全員65歳以上のeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」。秋田県内でプロを目指し活動中だ。プロを目指す全員65歳以上のeスポーツチームは、全国的にも珍しいという。企画した秋田市内のIT関連会社「エスツー」によると、全国初。ゲーム初心者ながら、これからプロを目指すというシニアに、思いを聞いた。(取材、構成=高橋 宏磁)

 65歳以上の秋田在住の高齢者でプロを目指すeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」の練習場は秋田市内にある。9月の発足後、正規メンバー12人と65歳未満のジュニア枠2人の計14人がチーム分けされ定期的に練習。練習時間は基本的には週3日で、午後1時~午後4時頃までパソコンの前に座り、それぞれがコンピューターゲームと格闘。居残って練習する選手が多いという。

 取材当日に練習していたシニアは3人。マウスとキーボードを動かし、人気ゲーム「フォートナイト」をプレーしていた。「フォートナイト」は私の小学生の息子もハマっている“サバイバルゲーム”だ。その中の「バトルロイヤル」は、100人のプレーヤーが一つの島に降り立って、武器やアイテムなどをゲットしながら、生き残りを目指す。私も何度かプレーした経験があるが、処理すべき情報量があまりにも多く…。“瞬殺”された苦い記憶がある。

 100人でスタートし、最後の1人まで生き残れば勝利となる。すると約20分後、1人が最後まで生き残っていた。ゲームのアカウント名は「馬場目の岩魚(いわな)」さん。年齢を聞くと、なんと73歳。チーム最高齢だった。趣味は釣りで、ゲームは初心者だったという。

 「馬場目の岩魚」さん、実はゲームには苦い思い出があった。「息子と娘が小さい頃に一緒にファミコンやったら、全然勝てなくて。とんでもなく難しくてなあ。『オヤジ、だめだなあ』と言われで。一緒にやったらばかにされるので、やめました(笑い)」。

 約30年以上も封印していたゲームを“解禁”したのは、孫の影響だという。「小学校5年と2年の孫が2人います。今はコロナ禍で会えないけどね。会った時に『じーじも一緒に(ゲームを)やる』って言えたらいいなあと思ってね」。愛する孫と楽しく遊ぶため、コンピューターゲームに挑戦。最初はマウスとキーボードを同時に操作することさえ苦労したが、今やサバイバルゲームで生き残れるほどに上達した。

 だが、73歳での挑戦は簡単ではない。チームの目標の一つが「プロになって収入を得ること」だからだ。eスポーツの「プロ」の概念は様々で「ゲームをプレーし、結果として収入を得られたらプロ」という考え方もあるという。肝心の収入を得る手段は様々。大会に参加して高成績を残す、動画を配信する、などだ。チーム最高齢は「プロらしくなりたい。小遣いでいいので、稼ぐところまで行きたい」と意気込む。

 目標はお金を稼ぐことだけではない。シニアの活性化だ。この企画を立案した秋田市内のIT関連会社「エスツー」の根本圭子さんは「秋田はシニアが多く、年を取ることは負のイメージが強い。でも、シニアが多いことをプラスに変えられる何かはないかと思っていました」と明かした。シニアが未経験の分野に挑戦してこそ、意味がある。この企画の趣旨に賛同し、すでにスポンサーに名乗りを挙げ、キーボードなどゲームに必要な機器を提供した企業もある。

 68歳でアカウント名「kpapasu」さんは「シニアでeスポーツのチームを組んで、秋田を盛り上げようと。65歳以上でゲームをやるというのが魅力がある」と目を輝かせた。シニアだけでなく、世代を“またいで”希望を与えるようなチームを目指す。

 ◆スウェーデン先駆け高齢チーム活躍中!

 〇…チーム名は、東北地方の山岳地帯などで狩猟を営む「マタギ」にちなんだ。スナイパーズは、eスポーツで世界初のシニアプロチームにあやかったものと思われる。実は、スウェーデンには「Silver Snipers」(シルバー スナイパーズ)という平均年齢65歳以上のプロのeスポーツチームがあり、大会出 場などを含めて世界的に活躍中だ。「マタギスナイパーズ」も、同チームのような活躍ができるか。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請