【巨人】第4戦先発は高木京介 通算229登板全てリリーフで「プロ初先発」原監督が秘策

スポーツ報知
高木京介

 13日のセ・リーグ、クライマックスシリーズ最終S第4戦(神宮)の予告先発が12日、ヤクルトは小川泰弘、巨人が高木京介と発表された。

 巨人は初戦、2戦目と2連敗。この日の第3戦に負けると敗退となるが、勝てば日本シリーズへ望みをつなぎ13日に第4戦が行われる。

 6日からのCS第1Sは菅野、高橋と先発して2連勝。10日からの最終Sは山口、菅野、この日のメルセデスと先発してきた。

 第4戦は本来先発の高橋や戸郷ではなく原監督は高木という秘策に出た。ブルペンデーのような小刻みな継投になるとみられる。

 高木はプロ入り後、1軍では通算229登板全てリリーフで先発経験がなく、CS大舞台で「プロ初先発」となる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請