長谷川京子と篠原涼子が離婚発表後初の公の場も言及せず…「Netflixフェスティバル2021」出席

スポーツ報知
「金魚妻」をPRする長谷川京子は、背中の大きく開いたドレスで登場(カメラ・今西 淳)

 女優の篠原涼子(48)、長谷川京子(43)が10日、都内で「Netflixフェスティバル2021」に出席し、2人が出演する配信作品「金魚妻」(来年配信、並木道子監督)の舞台あいさつを行った。篠原は7月に俳優・市村正親(72)との離婚を発表し、長谷川は10月に2人組バンド・ポルノグラフィティの新藤晴一(47)と離婚を発表してから、初めて報道陣の前に姿を見せた。

 篠原は胸元の開いたグリーンのドレス姿、長谷川は背中を大胆に見せた、体のラインが見える黒のロングドレスで登場した。

 「金魚妻」は黒沢R氏による禁断の不倫愛を題材にした同名漫画が原作。タワーマンションを舞台に6人の妻たちが、禁断の不倫愛にはまっていく。篠原は「登場人物一人一人の物語にいろんな感情が入っている。自分の感情に照らし合わせて見てほしい」と笑顔。エロチックなシーンもあるが、長谷川は「体当たりで向かっていった。監督とキャストを信用してやらせてもらった。早く見てほしい」と胸を張った。離婚については2人とも言及しなかった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×