【巨人】原監督、最終S初戦で完封負けも「思い切って切り替えられる」

ヤクルトに完封負けし、引き揚げる原辰徳監督
ヤクルトに完封負けし、引き揚げる原辰徳監督

◆2021JERA クライマックスシリーズ セ 最終S第1戦 ヤクルト4―0巨人(10日・神宮)

 巨人打線が沈黙し、2年目の奥川に完封された。

 5回1死一、三塁のチャンスを生かすことができず、最終回も無死一塁から坂本、丸、ウィーラーと中軸が倒れた。

 先発の山口は立ち上がりでサンタナに2ランを許すなど初回に3失点。原監督は「なかなかちょっとフォローはできないよね」と首をかしげたが、「思い切って切り替えられるというかね。打線においても、ピッチャーにおいても、という点でね」と前を向いた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請