23年秋にMGC開催! パリ五輪へ再び日本最高のレースが選考会に

2019年9月のMGC
2019年9月のMGC

 日本陸連は10日、オンラインで理事会を開催した。24年パリ五輪男女マラソンの選考として、23年秋にマラソングラントチャンピオンシップ(MGC)を行うことが決まった。詳細な日程や場所は検討中だが、東京五輪代表選考とほぼ同じ“一発選考”の場になる見込みだ。

 12月の福岡国際マラソンがMGCチャレンジレースの第1弾。今月中に強化委員会で決定される順位や記録などを満たせば、MGC切符を得ることになる。ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの年間総合順位の上位や、海外レースなどを含めたワイルドカードでの出場権獲得も検討されている。

 19年9月に行われた東京五輪代表選考会MGCでは、男女とも国内トップレベルの選手が集った。当初予定されていた五輪コースでレースを行い、男子は1位の中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)、女子は1位の前田穂南(天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が代表権を獲得した。

 世界陸連からパリ五輪の参加資格が発表されていないため、MGC本戦での代表選考基準は示されていない。MGC開催後の23年度にもファイナルチャレンジとしてレースを設定する予定だという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請