【中日】エース・大野雄大は現状維持の3億円で更改 3年契約1年目の今季は「もっともっとできた」

スポーツ報知
契約更改に臨んだ中日・大野雄

 中日の大野雄大投手が10日、ナゴヤ球場での契約更改に臨み、現状維持の3億円(推定)でサインした。昨オフは国内FA権を行使することなく、球団と3年契約を結び残留していた。

 今季は昨年までの勤続疲労などの影響でキャンプからスロースタートも3年連続で規定投球回到達。22試合で7勝11敗、防御率2・95だった今シーズンを振り返り、「1年間ローテ守ったことは良かったが、昨年より全ての数字が落ちている。もっともっとできた。あんまり振り返りたくない。来季に向けて頑張りたい」と話した。

 今季は東京五輪にも出場し金メダルを獲得。五輪後にチームへ戻ってから、球場で顔を合わせた石川昂&高橋宏のドラ1コンビに、「次は君たちの番だよ、と伝えた」と、将来日の丸を背負う可能性がある逸材に声をかけたことも初めて明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×