【中日】今オフの契約更改スタート“トップバッター”三好大倫は100万減でサイン「土台作りはできた」

スポーツ報知
契約更改に臨んだ三好大倫

 中日の契約更改が10日、ナゴヤ球場でスタートした。

 昨季は保留者が続出するなど“厳冬更改”が話題になった竜だが、今年の“トップバッター”三好大倫外野手は、100万減の740万円(推定)でサイン。

 20年ドラフト6位でJFE西日本から入団した三好は、1軍キャンプスタートも開幕前に2軍落ちし今季1軍出場はなかった。2軍では89試合に出場し打率2割8厘、3本塁打、16打点だった。

 ルーキーイヤーを「今はキャンプのことしか考えられないが、今年1年しっかり土台作りはできた。1年間毎日試合があるのはアマチュアとは違うし、切り替えは難しい部分はあったが、来年は自分でも勝負の年だと思っている。打率を上げられるように、頑張っていきたい。(ブライト、鵜飼ら新人の外野手に)負けられない」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×