【中日】中村紀洋打撃コーチが京田陽太に打撃フォームの“魔改造”を敢行

ナゴヤ球場室内で新しい打撃フォームを試す京田
ナゴヤ球場室内で新しい打撃フォームを試す京田

 中日・中村紀打撃コーチが京田陽太内野手に打撃フォームの“魔改造”を行っている。秋季キャンプ第2クール初日の9日は、雨のためナゴヤ球場室内での打撃練習になったが、同コーチが京田へ連日のアドバイスを送った。

 京田は元々、胸の前でバットを揺らして投手に合わせて、テイクバックを取ってトップを作っていたが、今春キャンプで立浪新監督にも指摘された「二度引き」の悪癖を改善するため、大幅な打撃フォーム修正を敢行。腰の辺りでバットを上下し早めに頭上高くまで振り上げ、そこから「大根斬り」のように振り下ろす打法で、フリー打撃を行った。力強い打球が右翼方向へ飛び、本人も手応え十分の表情をみせた。

 練習後、京田は「今は色んなことができる時期。森野さんも、ノリさんも『まずはしっかりバットを上げるように』と。今まではトップを作ろうとしすぎて背中側に入っていた。それをバットを高くする意識付けを行うことで自然とトップが作れる。ノリさんからは『トリプルスリーいける』とずっと言われているので、信じてやっていきたい。手応えは感じている」と話した。

 中村紀打撃コーチも「わかりやすく。難しいこと言っても無理なので極力簡単に教えようと。彼も必死に取り組んでいる。(課題は)タイミング、始動が遅かった。手で小細工するタイプだったので、小細工なくバットが出るように。トリプル3いける?僕より体もでかいし、下半身もしっかりしている。ヒットだけじゃもったいない。足も速くて30盗塁以上できる。打率も残せる。あとはホームラン。今までの当てる打撃じゃホームランは出ない。ホームランを打てるスイング力をつける。目標は高く持って。本人にも、口酸っぱく『お前はトリプル3取れるんだ』という姿勢で毎回言うてます。(実戦でも)いければ、トリプル3です」と断言していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請