青学大、史上最小8秒差の2位にアンカー飯田貴之号泣 原晋監督「箱根では十分戦える」

2位に終わった青学大・原晋監督は非常に厳しい表情を見せる
2位に終わった青学大・原晋監督は非常に厳しい表情を見せる

◆学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝 (7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 駒大が5時間12分58秒で2連覇を果たし、史上最多14度目の日本一に輝いた。エースで主将の田沢廉(3年)が7区区間賞の走りで4位からトップへ浮上。アンカーの花尾恭輔(2年)は、青学大・飯田貴之主将(4年)に追いつかれるも史上最小差の8秒差で振り切った。主力を複数欠いたが、3大駅伝最多勝を「24」に伸ばし、来年の箱根駅伝V2に向けても実力を見せつけた。「男前大作戦」を掲げた青学大は一度も先頭に立てず2位だった。(気温14・4度、湿度82%、北北西の風1・5メートル=スタート時)

 「男前大作戦」が大成功するチャンスもあったが、土壇場で不発に終わった。青学大が一番“前”に出たのは1区途中の志貴勇斗(2年)だけ。駒大の花尾が歓喜のゴールテープを切ってから、わずか8秒“後”にゴールにたどりついた主将の飯田は号泣。「キャプテンとして申し訳ない気持ちです」と肩を落とした。

全日本大学駅伝上位6校の順位変動
全日本大学駅伝上位6校の順位変動

 今大会に向けて原晋監督(54)は「男前大作戦」を発令。「青学大のイケメン(男前)ランナーが、『男だろ!』のかけ声で気合が入る駒大の前でレースを進める積極策で優勝します」と意図を明かしていた。2年前もアンカーで逆転負けを喫した飯田は雪辱に燃え、約8キロで先頭に追いついたが最後は力尽きた。

3大駅伝優勝回数5傑
3大駅伝優勝回数5傑

 「今回は監督の采配ミス」と指揮官は自らを責めた上で収穫も強調した。「2区間で区間2ケタのブレーキがありながら先頭争いまで巻き返す地力を見せた。男前大作戦は75点。まだ、強い選手はたくさんいる。箱根駅伝では十分に戦える」と巻き返しを期す。

直近10年の3大駅伝優勝校
直近10年の3大駅伝優勝校

 2年ぶり6度目の優勝を目指す箱根駅伝に向けても恒例の「〇〇大作戦」を準備中。次こそ100点満点を目指す。(竹内 達朗)

2位に終わった青学大・原晋監督は非常に厳しい表情を見せる
全日本大学駅伝上位6校の順位変動
3大駅伝優勝回数5傑
直近10年の3大駅伝優勝校
全日本大学駅伝成績
すべての写真を見る 5枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請