全日本大学駅伝史上最少の8秒差で駒大優勝 これまでの最少差は「渡辺康幸伝説」の13秒差

連覇でゴールテープを切るアンカーの駒大・花尾恭輔
連覇でゴールテープを切るアンカーの駒大・花尾恭輔

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 駒大が青学大との激戦を制し、5時間12分58秒で優勝した。2年連続で大会最多の14回目の優勝。学生3大駅伝通算も最多の24勝目を飾った。青学大は大会史上最少となる8秒差で惜敗した。

 これまでの全日本大学駅伝の最少差決着は1995年大会の13秒差。最終8区で首位と1分31秒差の3位でタスキを受けた早大の渡辺康幸(現住友電工監督)は残り2キロで先頭を走っていた中大の松田和宏(現福島・学法石川高監督)をとらえると、残り約700メートルで突き放し、激戦を制した。渡辺がマークした56分59秒の区間新記録は、26年たった今も日本人最速。「渡辺康幸伝説」として、伊勢路に、その名を残している。

 ちなみに箱根駅伝で優勝と2位の最少差は2011年大会で優勝した早大と2位東洋大の21秒差。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請