全日本大学駅伝史上最少の8秒差で惜敗の青学大・原晋監督「采配ミスも男前大作戦は75点」

2位に終わった青学大・原晋監督は非常に厳しい表情を見せる(後方は優勝インタビューに臨む優勝の駒大・花尾恭輔と大八木弘明監督)
2位に終わった青学大・原晋監督は非常に厳しい表情を見せる(後方は優勝インタビューに臨む優勝の駒大・花尾恭輔と大八木弘明監督)

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 駒大が青学大との激戦を制し、5時間12分58秒で優勝した。2年連続で大会最多の14回目の優勝。学生3大駅伝通算も最多の24勝目を飾った。

 青学大は8秒差の2位惜敗。1995年大会で優勝・早大と2位・中大の13秒差を更新する大会史上最少差で駒大に屈した。

 最長の最終8区(19・7キロ)で、トップの駒大と18秒差の2位でタスキを着けた飯田貴之主将(4年)は約8キロで駒大の花尾恭輔(2年)に追いついたが、残り2キロで突き放された。花尾が歓喜のゴールテープを切ってから、わずか8秒後にゴールにたどりついた瞬間、飯田は号泣した。「キャプテンとして申し訳ない気持ちです」と肩を落とした。

 青学大の原晋監督は今大会に向けて「男前大作戦」を発令。「青学大のイケメン(男前)ランナーが、『男だろ!』のかけ声で気合いが入る優勝候補の駒大の前でレースを進める積極策で優勝を狙いますよ!」とその意図を明かしていた。

 最終的には駒大に8秒、距離にして約50メートルだけ「前」ではなく「後ろ」だった。「今回は監督の采配ミス」と原監督は自らを責めた後で「2区間で区間二桁のブレーキがありながら先頭争いまで巻き返す地力を見せた」と持ち前のプラス思考も忘れずに「男前大作戦は75点です」と自己評価した。

 1区(9・5キロ)では学生3大駅伝デビューの志貴勇斗(2年)が一時は先頭を引っ張るなど4位と好走。3区(11・9キロ)では、1年時の箱根駅伝2区以来、2季ぶりの3大駅伝復帰となった岸本大紀(3年)が日本人トップの区間3位と力走した。

 エース区間の7区(17・6キロ)でも近藤幸太郎(3年)が駒大の絶対エース田沢廉(3年)に18秒差の区間2位と健闘し3キロ過ぎで離された後、背中が見える位置で追走した。「田沢選手はシンプルに速かった。このままでは中継所まで持たないと思って自分のペースで走った。その後、粘れたと思う。箱根駅伝では同じ区間は走りたくない」と苦笑いした後、一転、真剣な表情で「同じ区間になれば、次は10秒差以内で。いずれは勝ちたい」ときっぱり話した。

 2015年(14年度)の箱根駅伝を制して以来、大学駅伝界の主役となった青学大は昨季、7季ぶりに学生3大駅伝無冠に終わった。復権をかける今季、開幕戦の出雲駅伝、第2戦の全日本大学駅伝で、いずれも2位。「まだ、選手はたくさんいます。箱根駅伝では十分に戦える」と原監督も巻き返すを期す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請