【巨人】先発の高橋優貴が早期降板も…リリーフ7投手のワンチーム継投で勝利

9回2死一、二塁、ロハスを空振り三振に仕留めて雄たけびを上げるビエイラ
9回2死一、二塁、ロハスを空振り三振に仕留めて雄たけびを上げるビエイラ

◆2021JERA クライマックスシリーズ 第1S第2戦 阪神―巨人(7日・甲子園)

 巨人が4―2で勝利し、ヤクルトとのCS最終S進出を決めた。

 先発の高橋は1回1/2でまさかの早期降板。2番手の高木は走者を一人帰したが、最少にとどめた。

 3回表に逆転に成功すると、1点リードの3回からは中継ぎ待機をしていた戸郷が登板。味方の好プレーに助けられるなど3回無失点の粘投だった。

 1点リードの6回に登板した高梨は2死満塁のピンチを招き降板したが、鍵谷がマルテを三ゴロに封じ無失点で切り抜けた。

 7回からは勝利の方程式を投入。デラロサが圧巻の投球で三者凡退に抑えると、8回の中川も下位打線を三者凡退に抑えた。

 2点リードの9回からは守護神・ビエイラがマウンドへ。2死からヒットと四球で一、二塁とピンチを招いたが、最後はロハスから空振り三振を奪い試合を締め、雄たけびを上げた。

 投手陣の一つのテーマ「ワンチーム」でつかんだ勝利だった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請