東洋大10位 14年ぶりに全日本大学駅伝シード失う 酒井俊幸監督「箱根駅伝に向けて立て直します」

ゴールする東洋大・宮下隼人
ゴールする東洋大・宮下隼人

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 駒大が青学大との激戦を制し、5時間12分58秒で優勝した。2年連続で大会最多の14回目の優勝。学生3大駅伝通算も最多の24勝目を飾った。

 8秒差の2位は青学大。1995年大会で優勝・早大と2位・中大の13秒差を更新する大会史上最少差の激戦だった。

 3位は順大。4位はチーム史上最高位と健闘した国学院大。5位は東京国際大。6位は早大。7位は明大。8位の中大までが来年出場のシード権を獲得した。

 8位と33秒差の9位は法大。東洋大は8位と52秒差の10位に終わり、14年ぶりに全日本大学駅伝のシードを逃した。

 東洋大は5区終了時点で5位につけていたが、6区(12・8キロ)で菅野大輝(2年)が足をけいれんするアクシデントがあり、シード圏外の9位に転落。さらにエース区間の7区(17・6キロ)で松山和希(2年)が11位まで後退した。最長の最終8区(19・7キロ)で主将の宮下隼人(4年)が10位まで挽回したが、シード権には52秒及ばなかった。

 2008年以降、13年連続で守っていた伊勢路のシード権を14年ぶりに手放すことになった。6区、7区と連続で区間13位と低迷。「ミスが大きすぎました」と酒井俊幸監督は厳しい表情で話した。

 ただ、収穫もあった。4区(11・8キロ)で5000メートルの前日本高校記録保持者のスーパールーキー石田洸介が青学大の高橋勇輝(4年)と同タイムで区間賞を獲得。出雲駅伝5区と合わせて、大学駅伝デビューから2大会連続の区間賞となった。「後半、ペースが落ちた。まだまだ、力不足です。個人で区間賞3冠にリーチとなりましたが、僕はもっと高いレベルを目指しています。箱根駅伝では3区か4区を走りたい」と石田は満足することなく、意欲的に話した。

 酒井監督は「石田自身が言うように後半にバテましたけど、粘った。力はついてきているし、同タイムでぎりぎり区間賞を取るという運も持っている。箱根駅伝でも積極的に走るという持ち味を発揮してくれるでしょう」と期待を込めて話した。

 東洋大は箱根駅伝では2006年以降、16年連続でシード権(10位以内)を守っている。継続中としては最長記録のシード権だけは失うわけにはいかない。「。チーム全員が危機感を持って、箱根駅伝に向けて立て直します」と酒井監督はきっぱりと話した。

 この日、伊勢路で悔しいゴールとなった主将の宮下隼人の左腕にはチームスローガンが大きく記されていた。「その1秒をけずりだせ!」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請