【全日本大学駅伝】駒大が連覇 史上最少の8秒差で青学大との激戦を制する 「男前大作戦」許さず

ゴールテープを切る優勝した駒大・花尾恭輔(カメラ・竜田 卓)
ゴールテープを切る優勝した駒大・花尾恭輔(カメラ・竜田 卓)

◆学生3大駅伝第2戦  全日本大学駅伝(7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 駒大が青学大との激戦を制し、5時間12分58秒で優勝した。2年連続で大会最多の14回目の優勝。学生3大駅伝通算も最多の24勝目を飾った。

 8秒差の2位は青学大。1995年大会で優勝・早大と2位・中大の13秒差を更新する大会史上最少差の激戦だった。

 3位は順大。4位はチーム史上最高位と健闘した国学院大。5位は東京国際大。6位は早大。7位は明大。8位の中大までがシード権を獲得した。

 9位は法大。10位の東洋大は14年ぶりにシードを逃した。

 駒大は1区(9・5キロ)で期待のルーキー佐藤条二が区間賞を獲得し、絶好のスタートを切ったが、2区(11・1キロ)の青柿響(2年)が7位、3区(11・9キロ)の佃康平(4年)が11位まで後退。4区(11・8キロ)の赤星雄斗(2年)が9位まで挽回し、5区(12・4キロ)の東山静也(3年)も9位キープ。6区(12・8キロ)の安原太陽(2年)が区間2位の快走で4位まで引き上げた。

 6区終了時点で、駒大とタイム差なしの5位が青学大。ここから歴史的な「駒青」決戦が始まった。

 エース区間の7区(17・6キロ)と駒大の田沢廉(3年)と青学大の近藤幸太郎(3年)がレベルの高い争いを演じた。3キロ過ぎに2人そろって明大の橋本大輝(4位)を交わし、3位タイに浮上。田沢は6キロ過ぎに近藤を引き離すと、10キロ過ぎに順大の近藤亮太(4年)、13・5キロで東京国際大の野沢巧理(4年)を交わしてトップを奪った。3区終了時点で11位まで低迷していたチームをトップまで引き上げた。「エースらしい走りをしようと思った」と田沢は貫禄の表情で話した。

 一方の青学大の近藤も健闘し、田沢を追走。7区終了時点で駒大と18秒差の2位に浮上した。

2位に終わった青学大・飯田貴之(手前は優勝の駒大・花尾恭輔)(カメラ・竜田 卓)
2位に終わった青学大・飯田貴之(手前は優勝の駒大・花尾恭輔)(カメラ・竜田 卓)

 最長の最終8区(19・7キロ)で駒大と青学大の両雄は再び激突。青学大主将の飯田貴之(4年)が約8キロで駒大の花尾恭輔(2年)に追いついた。

 それでも、花尾は落ち着いて対応し、残り約2キロで飯田を突き放し、大八木弘明監督らが待つ伊勢神宮内宮宇治橋前のゴールにトップで飛び込んだ。「正直、不安があった。大学で初めて(個人的に)勝てたレースなので、うれしい」と花尾はホッとした表情で話した。

 青学大の原晋監督は今大会に向けて「男前大作戦」を発令。「青学大のイケメン(男前)ランナーが『男だろ!』のかけ声で気合いが入る優勝候補の駒大の前でレースを進める積極策で優勝を狙いますよ!」とその意図を明かしていた。青学大に「前」を走ることを許す場面も最終的には駒大が「前」でゴール。青学大の大作戦を許さなかった。

 「平成の駅伝王者」と呼ばれた駒大は昨季の大学駅伝で2戦2勝。「令和の駅伝王者」駒大が伊勢路で強さを見せつけた。王者の走りは箱根路に続く。新春の箱根駅伝(来年1月2、3日)でも連覇を目指す。

ゴールテープを切る優勝した駒大・花尾恭輔(カメラ・竜田 卓)
2位に終わった青学大・飯田貴之(手前は優勝の駒大・花尾恭輔)(カメラ・竜田 卓)
1区 スタート前にダッシュで最終調整する駒大・佐藤条二(カメラ・竜田 卓)
1区 一斉にスタートする駒大・佐藤条二(中央左)ら各大学の選手たち(カメラ・竜田 卓)
すべての写真を見る 4枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請