日曜メインレースの注目激走馬…東京11Rアルゼンチン共和国杯・G2

スポーツ報知
アルゼンチン共和国杯に出走するディアマンミノル

 東京11Rアルゼンチン共和国杯・G2・馬トク激走馬=ディアマンミノル

 父が米BCディスタフで世界を驚かせたマルシュロレーヌと同じオルフェーヴル。祖母はオークス馬イソノルーブル。4歳、血統背景から、もうひと変身しそうな期待を抱かせる。

 前走の京都大賞典(4着)は、後方から直線でジリジリと伸び、上がり3ハロン最速の35秒6を計時。4戦連続の重賞起用で徐々にかみ合ってきた印象だ。

 短期で出された外厩・チャンピオンヒルズから10月16日に帰厩し、直前のウッドチップでは外めから目の覚めるような伸び。コンディションはさらに上昇している。ハンデ54キロを利して長い直線で突っ込んでくる気配が漂う。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×