駒大1年・佐藤条二が1区区間賞…全日本大学駅伝

スポーツ報知
一斉にスタートを切った1区の各大学の選手たち(カメラ・竜田 卓) 

◆学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝(7日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 連覇を目指す駒大は1区の佐藤条二(1年)が区間賞。トップで2区の青柿響(2年)にタスキを繋いだ。

 序盤は第一工科大学のアニーダ・サレー(3年)がレースを引っ張った。終盤8キロ過ぎ駒大、青学大、中央大、国学院大4チームがトップ集団に。ラストで駒大・佐藤がスパートで抜け出した。

 27秒05の区間新記録で区間賞を獲得した佐藤は「まだ、実感がない。区間賞は狙っていたんですけど。5秒差でくればと監督に声をかけられていた。(区間賞には)ビックリしています。残り7区間は、強い先輩方が待っているので、信じて最後まで応援します」とコメントした。

 前回優勝の駒大など上位8校のシード校をはじめ、全国の25校とオープン参加する日本学連選抜と東海学連選抜の計27チームが参加。伊勢路で2年連続14度目の優勝を狙う駒大、出雲駅伝で学生3大駅伝通じて初優勝を飾った東京国際大、同2位の青学大、同3位の東洋大、同4位の国学院大、同6位の早大、今夏の東京五輪男子3000メートル障害7位入賞の順大・三浦龍司(2年)擁する総合力の順大などを軸に、激しい優勝争いを展開することが予想される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請