セは巨人が阪神に甲子園で完封勝ち、パはロッテが楽天にサヨナラ勝ち…CS最終ステージ進出に王手

阪神に勝利した巨人ナイン(カメラ・石田 順平)
阪神に勝利した巨人ナイン(カメラ・石田 順平)

 プロ野球のクライマックスシリーズが6日に開幕。セ・リーグではペナントレース3位の巨人が、同2位の阪神に甲子園で先勝。パ・リーグでは同2位のロッテがサヨナラ勝ちで同3位の楽天を下した。

 ◆2021JERA クライマックスシリーズ セ 第1S第1戦 阪神0―4巨人(6日・甲子園)

 巨人が王手をかけた。2勝先取の超短期決戦。左脇腹痛のため主砲・岡本和真を欠いたチームだったが、5回に吉川尚輝が先制適時打。6回には2死から坂本勇人が左前安打、丸佳浩が四球でつなぎ、Z.ウィーラーがセンターオーバーの2点適時二塁打を放って突き放した。先発の菅野智之は7回無失点で、強力な阪神打線を封じ込めた。

 打線がチャンスをつかんだのは5回だった。4回まで阪神先発の高橋に抑え込まれていたが、先頭の丸佳浩の内野安打などで1死二塁とすると中島宏之が右前安打で続き、一、三塁と攻めた。ここで吉川尚輝が先制の中前適時打を放って、巨人が欲しかった先取点を奪った。

8回2死一、三塁、左前適時打を放ったウィーラーは代走を送られナインとタッチ(カメラ・中島 傑)
8回2死一、三塁、左前適時打を放ったウィーラーは代走を送られナインとタッチ(カメラ・中島 傑)

 6回には2死から貴重な追加点を奪った。坂本が左前安打、丸が四球を選び、一、二塁とチャンスを作ると、ウィーラーが中越え2点二塁打を放ってリードを3点に広げた。

 8回には2死一、三塁のチャンスを作り、ここでもウィーラーが左前へ適時打を放って貴重な追加点を奪った。リードを4点に広げ、継投で逃げ切った。

 ◆2021パーソル クライマックスシリーズ パ 第1S第1戦 ロッテ5x―4楽天(6日・ZOZOマリン)

8回2死、エチェバリアが同点の左越えソロ本塁打(投手・松井裕樹)(カメラ・相川 和寛)
8回2死、エチェバリアが同点の左越えソロ本塁打(投手・松井裕樹)(カメラ・相川 和寛)

 パ・リーグではロッテが9回1死一塁。代打の佐藤都が右中間へサヨナラ打。先勝し王手をかけた。

 ロッテは1点を追う8回2死。守備から途中出場のエチェバリアが松井の直球をとらえ、左翼席へ同点ソロ。打った瞬間にバットを投げる会心の一発だった。

 先発の佐々木朗は6回4安打1失点。プロ入り後の自身最速を更新する159キロをマーク。10三振を奪うなど、CS、ポストシーズンではパ・リーグ最年少での開幕投手抜てきに応えた。

 しかし、ロッテは勝利投手の権利を持って降板した佐々木朗の好投に救援陣が応えられない。7回、2番手の国吉が2死満塁のピンチを迎え、3番手・唐川が島内に左中間に走者一掃の逆転適時二塁打。試合をひっくり返された。ロッテは諦めず、8回に助っ人が同点ソロ。9回にサヨナラで王手をかけた。

CSを振り返る
阪神に勝利した巨人ナイン(カメラ・石田 順平)
8回2死一、三塁、左前適時打を放ったウィーラーは代走を送られナインとタッチ(カメラ・中島 傑)
8回2死、エチェバリアが同点の左越えソロ本塁打(投手・松井裕樹)(カメラ・相川 和寛)
すべての写真を見る 3枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請