誕生100周年の宝塚花組、大劇場公演開幕!トップスター柚香光「身の引き締まる思い」

スポーツ報知
兵庫・宝塚大劇場で初日を迎えた宝塚歌劇花組「「The Fascination!」のパレードで歌う(左から)水美舞斗、柚香光、星風まどか、永久輝せあ、高翔みず希

 宝塚歌劇花組公演「元禄バロックロック」(作・演出、谷貴矢)「The Fascination!(ザ ファシネイション)」(作・演出、中村一徳)が6日、兵庫・宝塚大劇場で華々しく初日の幕を開けた。

 トップスター・柚香光(ゆずか・れい)が、前宙組トップ娘役で専科を経由して組替えされた新トップ娘役・星風まどかを2代目の相手役に迎え、新コンビとして本拠地でお披露目された。

 「元禄―」は忠臣蔵を大胆にアレンジ。元赤穂藩藩士で時計職人のクロノスケ(柚香)が作った“時を戻す時計”を巡るSF時代劇で、柚香は「いろんな愛がちりばめられている作品だなと感じています。見終わった後に爽やかな気持ちになっていただけるのでは」とアピール。星風は賭場の女主人・キラ役で、クロノスケの恋人となる。柚香は星風について「芸事に夢中で向かっていく、似た感覚がある」と評した。

 一方の「The―」は「花組誕生100周年 そして未来へ」と副題が付けられ、1921年に月組とともに2組制となって発足した花組の記念イヤーを飾るショー。「ある愛の伝説」や「心の翼」など花組の名場面、名曲を再現するオマージュも用意された。柚香は「このご縁、このタイミングで(花組に)いさせていただく事に感謝しますし、身の引き締まる思い。最善を尽くし、ご恩を返せるように務めていきたい」と話していた。

 パレードの単独での大階段下りは、聖乃あすか―永久輝せあ―水美舞斗―星風―柚香の順。水美と永久輝の羽根は同サイズだった。

 12月13日まで。東京宝塚劇場公演は来年1月2日~2月6日。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×