青学大アンカー登録の飯田貴之は駒大、東京国際大とのV争いへ気合満点「2年前の悔しさを晴らしたい」…7日号砲・全日本大学駅伝

全日本大学駅伝の前日調整で、気力みなぎる走りを見せた飯田貴之
全日本大学駅伝の前日調整で、気力みなぎる走りを見せた飯田貴之

 学生3大駅伝第2戦の全日本大学駅伝は7日、名古屋市の熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴールの8区間106・8キロで行われる。3年ぶり3度目の優勝を狙う青学大はレース前日の6日、愛知・日進市内で最終調整を行い、最長の最終8区(19・7キロ)に登録された飯田貴之(4年)は気持ちのこもった走りを見せた。

 青学大は前々回、前回と2年連続で8区をトップで通過しながら、いずれも逆転され、2位、4位に終わった。飯田自身も2年前にアンカーで東海大の名取燎太(現コニカミノルタ)に逆転を許した。今季、主将を務める飯田は「2年前のあの大会は今までで一番悔しいレースです。今回、走るチャンスをもらえたら、その悔しさを晴らしたい」と表情を引き締めて話した。

 全日本大学駅伝で2年連続14度目の優勝を狙う駒大、出雲駅伝で学生3大駅伝通じて初優勝を飾った東京国際大、同2位の青学大、同3位の東洋大、同4位の国学院大、同6位の早大などが激しい優勝争いを展開することが予想される。出雲駅伝では東京五輪3000メートル障害7位入賞の三浦龍司(2年)を欠き、10位と苦戦した順大も巻き返しを図る。箱根駅伝予選会を圧倒的な強さでトップ通過した明大も躍進が期待される。

 2015年(14年度)の箱根駅伝を制して以来、大学駅伝界の主役となった青学大は昨季、7季ぶりに学生3大駅伝無冠に終わった。復権をかける今季、開幕戦の出雲駅伝では2位と健闘した。今大会は2020年箱根駅伝以来、4大会ぶりの学生3大駅伝12勝目を目指す。前日の最終調整を終えた後、飯田主将はチームの輪の中心で言った。

 「自分たちの力を出せば優勝できると思う。みんなでタイトルを取りましょう」

 出場チームは2日まで8区間と補欠5人を登録し、大会当日朝に3人以内の補欠選手を任意の区間に投入できる(区間登録された選手の区間変更は認められない)。青学大の区間登録、補欠登録の選手は以下の通り。

▽1区(9・5キロ) 志貴勇斗(2年)

▽2区(11・1キロ) 中村唯翔(3年)

▽3区(11・9キロ) 岸本大紀(3年)

▽4区(11・8キロ) 高橋勇輝(4年)

▽5区(12・4キロ) 佐藤一世(2年)

▽6区(12・8キロ) 西久保遼(3年)

▽7区(17・6キロ) 横田俊吾(3年)

▽8区(19・7キロ) 飯田貴之(4年)

▽補欠 近藤幸太郎(3年)

▽補欠 関口雄大(3年)、

▽補欠 鈴木竜太朗(2年)

▽補欠 若林宏樹(1年)

▽補欠 田中悠登(1年)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請