ストロング小林さん「レスラーにとって最高の誇り」アントニオ猪木戦を語る…「昭和プロレス禁断の闘い」

スポーツ報知
介護用ベッドに寝たまま取材に応じたストロング小林さん

 ストロング金剛の芸名でタレントとしても活躍した元プロレスラーのストロング小林こと小林省三さん(80)とアントニオ猪木氏(78)が47年前に戦った名勝負を追跡取材した「昭和プロレス禁断の闘い~アントニオ猪木対ストロング小林が火をつけた日本人対決~」(河出書房新社、2970円)が出版された。

 「今の若い人は僕のことを知らないでしょうね」。芸能活動を引退して26年。小林さんは脊髄損傷による下半身のまひで3年前から寝たきりとなっている。これまで取材を断ってきたが、介護してきた妹のさち子さんが「プロレス界にストロング小林がいたっていうことを残してもらいたい」とつないでくれた。

 小林さんはボディービル選手から1966年に国際プロレスに入門し、翌67年に日本初の覆面レスラー「覆面太郎」としてデビュー。マスクを脱いでからは71年6月にIWA世界ヘビー級王座を獲得し団体のエースに。74年3月19日に東京・蔵前国技館で新日本プロレスのNWF世界ヘビー級王者・アントニオ猪木に挑戦。猪木のジャーマンスープレックスで敗れたものの“昭和の巌流島”と呼ばれる名勝負を繰り広げた。

 「国技館のメインイベントで試合をやるっていうのは、レスラーにとって最高の誇りですから、そこでお客さんがいっぱい来てくれたことは、最高の喜びでしたよ」。小林さんにとっては、猪木に負けた悔しさよりも名勝負を作ることができた思い出の方が大きい。

 この猪木VS小林を軸にスポーツ報知のニュースサイトで連載された藤波辰爾、長州力、小林邦昭らの証言を再構成した「昭和プロレス禁断の闘い」は力道山VS木村政彦からの日本人対決の系譜が430ページにわたって網羅されている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×