【巨人】原辰徳監督、下克上宣言 6日CS開幕 左脇腹痛ベンチ外の岡本和真いなくても「ワンチーム」 

スポーツ報知
CS第1ステージの初戦を控え気合の入った表情を見せる原辰徳監督(カメラ・中島 傑)

 「2021 JERA クライマックスシリーズ セ」が6日、阪神・巨人戦(甲子園)で幕を開ける。2勝先取の超短期決戦となるが、巨人・原辰徳監督(63)は大事な初戦に左脇腹痛を抱える岡本和真内野手(25)を欠いて戦う覚悟を固めた。4番には10月絶好調の丸を置く見込みで「1巨人TEAM」で下克上を目指す。主将・坂本勇人内野手(32)が阪神・高橋への雪辱を期せば、初戦先発の菅野智之投手(32)も「万全」を強調。投打の柱が虎狩りへチームをけん引する。

 挑戦者として、臆することなくぶつかる。「2021 JERA クライマックスシリーズ セ」の共同記者会見。原監督は「開き直って」と前置きし、可能性の限り戦い抜くことを誓った。「まだチャンスがあることを大きなエネルギーとしたい。これからが勝負。粘り強く、しっかり戦っていきます」。リモートで参加したヤクルト・高津、横に並ぶ阪神・矢野の両監督に堂々と下克上を宣言した。

 会見後に行われたCS前最後の練習で、指揮官は重い決断を下した。6日の大事な初戦、不動の4番・岡本和の欠場を決めた。「和真は登録できないでしょう。打撃練習ができてないから。一日でも早く、というのはあるけどね」。10月31日の練習中に左脇腹を痛め、以降は別メニュー調整が続いていた。この日もグラウンドではランニングやゴロ捕球を行ったのみ。少なくとも6日は、出場選手登録自体を見送る方針を明かした。

 今季、全143試合に「4番・三塁」でスタメン出場し、39本塁打、113打点と2年連続の2冠王に輝いた主砲を欠いて、対するは阪神・高橋。ただでさえ今季2試合計16イニングで1点も奪えていない難敵だが「指をくわえ(て待って)たって何にもならない」と原監督。「1巨人TEAM」で穴を埋めるしかない。

 岡本和に代わる4番に座るのは丸だろう。9月こそ不振にあえいだが、10月の月間打率は3割6分1厘と復調。特にラスト4試合は13打数8安打、3本塁打、打率6割1分5厘といい形でレギュラーシーズンを締めくくった。三塁に就くのは広岡で、打順も2番となることが有力だ。10月は19打席で3発と好調。中日・大野雄、DeNA・今永の好左腕から2発ずつと“左キラー”でもある。「短期決戦は、やっぱりラッキーボーイ的なヒーローも出なきゃいけない」と指揮官も期待するラッキーボーイになってくれそうな雰囲気が漂う。

 とにかく鍵は先手を奪うことだ。「粘り強くというのは勝負の鉄則ではあるけど、やはり早めに主導権を握る。我々のリズムの中で戦いが進んでいったら」と原監督。特に甲子園での戦いはリードを許し、観客を乗せると試合が重くなる。松原、広岡が出塁し、坂本、丸がかえす先制パンチで流れを引き寄せる。球団史上、下克上でのCS突破は例がない。失うものもない。思い切りぶつかり、歴史を変える。(西村 茂展)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×