馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

クロノジェネシス有馬記念で引退 ルメール騎手とのコンビでグランプリ4連覇の有終の美へ

有馬記念での引退が決まったクロノジェネシス
有馬記念での引退が決まったクロノジェネシス

 凱旋門賞で7着に終わったクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)は有馬記念・G1(12月26日、中山競馬場・芝2500メートル)を最後に引退することが決定した。2走前の宝塚記念で勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手=栗東・フリー=が騎乗する。馬主のサンデーサラブレッドクラブが5日、発表した。

 同馬は2018年夏にデビューし、19年の秋華賞でG1初制覇。20年の宝塚記念と有馬記念、今年の宝塚記念を制し、スピードシンボリ、グラスワンダーに次ぐ史上3頭目、牝馬では初のグランプリ3連覇を達成した。今回の有馬記念も連覇を決めれば、史上初のグランプリレース4連覇となる。

 コンビを組むルメールはハーツクライでディープインパクトを撃破した2005年、サトノダイヤモンドで制した2016年の有馬記念2勝を挙げる。デビュー時からクロノジェネシスに騎乗してきた北村友一騎手=栗東・フリー=が落馬負傷したため2走前の宝塚記念で初コンビを組み、2馬身半差の完勝で4回目のG1制覇に導いた。

 極度の道悪に苦しんで7着だった前走の仏G1・凱旋門賞の後は日本に戻り、現在は滋賀の外厩施設・ノーザンファームしがらきで調整中。有終の美に向け、着々と準備は進んでいる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請