【注目馬動向】JBCレディスクラシックで3着のリネンファッションはクイーン賞へ

スポーツ報知
リネンファッション(手前、2021年2月の加古川ステークス、阪神競馬場)

 11月3日に行われた地方交流G1・JBCレディスクラシックで3着のリネンファッション(牝4歳、栗東・坂口智康厩舎、父キンシャサノキセキ)は、地方交流G3のクイーン賞(12月1日、船橋・ダート1800メートル、牝馬限定)で重賞初制覇を目指す。

 管理する坂口智康調教師は「スタートでゴチャゴチャして、もったいなかったです。スムーズだったらと思いますが、よく走っています。この後、状態に問題がなければクイーン賞に向かいます」と見通しを語った。

 なお、JBCレディスクラシックで4着のレーヌブランシュ(牝4歳、栗東・橋口慎介厩舎、父クロフネ)は、地方交流G3のTCK女王盃(来年1月26日、大井・ダート1800メートル、牝馬限定)に向かう。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×