駒井千佳子さん会場でイベント見届ける「あんなうれしそうな4人を見たのも久しぶり。これが嵐」

スポーツ報知
駒井千佳子さん

 嵐の櫻井翔(39)、松本潤(38)、二宮和也(38)、相葉雅紀(38)が3日、都内で先行上映されたライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(堤幸彦監督)の舞台あいさつにサプライズで登場した。昨年末のグループ活動休止後、4人で公の場に姿を現すのは初めて。ファンの前に登場するのは、2019年大みそかの「ジャニーズカウントダウン2019―2020」以来。

 ジャニーズ事務所の担当として、嵐のデビューから取材してきた芸能リポーターの駒井千佳子さん(56)もこの日のイベントを会場で見届けた。活動休止からこの日まで、そして今後についてスポーツ報知に語った。

* * *

 今年は4人で出てくることはないと思っていたので、まずこの日に4人そろうと聞いて本当にびっくりしました。メンバーが出てきた瞬間、すぐに客席の方を振り返って見たら、ファンも泣いてる方がたくさんいて、私も涙が出てきました。

 あんなうれしそうな4人を見たのも久しぶりで、相葉ちゃんなんか、ちょっと浮足立ってましたね。でも、トークのテンポとか、決して会話がかぶらないところとか、これが嵐なんだと思いました。去年は無観客のままサヨナラしたから、メンバーも感慨深そうでしたね。

 この11か月はやっぱりグループの喪失感を実感しました。5人で出ていたCMを一切見なくなって、改めて大きな存在だったんだなあ、と。でも、メンバーはSNSなどで必ず近況を報告してきたし、他のメンバーのことをテレビで話したりして、しっかりファンに寄り添ってきた。だから絶対に復活はあると確信が持てました。去年はファンの間でも今後を不安に思う書き込みをよく見かけましたが、今はみんな安心してるのでは。

 大野君の手紙は「みんな待っててね」ということだと思います。あえてデビュー記念日に5人がメッセージを出したのも大きいです。ただ大野君はコロナの影響もあって、自分のやりたいことができてないようなので、ちゃんと休んで、あまり焦らずにその日を待ちたいですね。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請