Twitter facebook Instagram YouTube

【JBCスプリント・敗者の弁】モジアナフレイバーが地方勢最先着の4着 真島大騎手「うまく対応してくれた」

スポーツ報知
レッドルゼル(左端)が力の違いを見せつけ快勝(左から1頭おいてモズスーパーフレア、サンライズノヴァ、リュウノユキナ)(カメラ・高橋 由二)

 ◆第21回JBCスプリント・交流G1(11月3日、金沢・ダート1400メートル、良)

 12頭立て(JRA5、地方7)で争われ、1番人気のレッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が直線で抜け出し、3馬身差をつける快勝だった。勝ち時計は、1分24秒6のコースレコード。川田将雅騎手はJBCレディスクラシックに続く2連勝を飾った。

 5番人気で、道中最後方だったサンライズノヴァ(吉原寛人騎手)が内から差し込んで2着、逃げた4番人気のモズスーパーフレア(松若風馬騎手)がさらに半馬身差の3着に粘った。

真島大騎手(モジアナフレイバー=4着)「ゲートも落ち着いていて、うまく出れて良かったと思います。初めてこの馬で小回りに乗ったが、うまく対応してくれた」

矢野貴騎手(サブノジュニア=6着)「前回に比べたら進みも良くて、久々にこの馬らしい競馬ができた。いい脚を使ってくれましたし、一瞬勝てるんじゃないかという手応えもあった」

森泰斗騎手(ベストマッチョ=8着)「思い描いた展開とポジションは取れたけど、初コースということもあって頑張れなかった」

左海誠騎手(アランバローズ=10着)「2番手でもとれればと思ったが、いつも以上にテンションが上がって、ゲートの中できれいに立っていられなかった。もまれると弱いところがある」

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×