4区でホンダの東京五輪代表・青木涼真が首位浮上 東日本実業団駅伝 12枠のNY駅伝出場権を争う

スポーツ報知
東日本実業団対抗駅伝

◆東日本実業団対抗駅伝(3日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場及び公園内特設周回コース=7区間76・4キロ)

 23チームが参戦し、上位12チームが、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝=来年1月1日、群馬)の出場権を獲得する。

 4区(8・4キロ)で、トップのヤクルトと14秒差の2位でスタートしたホンダの東京五輪3000メートル障害代表の青木涼真が約5キロでヤクルトの小椋裕介を抜き去り、首位に立った。

 ホンダは1区(13・4キロ)で東京五輪1万メートル代表の伊藤達彦が区間賞を獲得。外国人選手が出場できる2区(8・4キロ)でジャスティス・ソゲットが8位まで後退したが、最長のエース区間3区(16・8キロ)で小山直城が区間賞の好走で2位まで押し上げていた。4年ぶりの優勝に向けて、ひた走っている。

 トップのホンダと24秒差の2位はヤクルト。同29秒差の3位で日立物流、同タイムの4位で前年覇者の富士通が続く。

 5位はカネボウ。6位は小森コーポレーション。7位はGMOインターネットグループ。

 前回、途中棄権して地元の群馬開催の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)出場を逃したスバルは8位と踏ん張っている。

 9位はコニカミノルタ。10位はサンベルクス。11位はJR東日本。12位はプレス工業。

 ニューイヤー駅伝の出場権を獲得できる12位と1分14秒差の13位で埼玉医科大学グループが追っている。

 例年は、さいたま市の埼玉県庁前スタート、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場ゴールの7区間76・9キロで開催されているが、新型コロナウイルスの影響で、昨年に引き続き、同公園内の特設周回コースで開催された。

※スポーツ報知では途中経過を随時、速報します。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請