柄本時生ら出演舞台「冒険者たち~JOURNEY TO THE WEST~」来年2月開幕

舞台「冒険者たち」のポスター
舞台「冒険者たち」のポスター

 KAAT神奈川芸術劇場では来年2月8日から「KAATカナガワ・ツアープロジェクト第1弾」として舞台「冒険者たち~JOURNEY TO THE WEST~」(上演台本、演出・長塚圭史)をスタートさせる。

 同劇場の芸術監督に就任した長塚氏が「西遊記」をベースに神奈川県内の伝説を巡る物語を作り上げる。おなじみの三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄に見立てた一行が、天竺に向かう途中で、時空を超えて幕末の横浜に紛れ込み、奇想天外な冒険を展開。柄本時生が三蔵法師、菅原永二が孫悟空、長塚が沙悟浄を演じる。

 長塚氏は「県の劇場として、もっともっとたくさんのお客様と出会いたい。まだ演劇と出会っていないお客様とも出会いたい。そういう強い思いを携えて県内各地にある劇場で上演を重ね、交流を深めていこうという、今年度より始まる目玉企画です」と意気込んでいる。来年2月8~16日のKAAT神奈川芸術劇場からスタートし、川崎、相模原、大和、厚木、小田原、横須賀でも上演する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請