高木豊氏、オリックスは交流戦でも対セ・リーグにいいイメージ…忖度なし日本一予想

高木豊氏
高木豊氏

 プロ野球は、クライマックスシリーズ(CS)が6日に開幕。巨人はセ・リーグ3位からの下克上を目指し、甲子園での阪神戦に臨む。スポーツ報知では本紙評論家10人に日本一を予想してもらい、パ・リーグ覇者のオリックスが断トツの1番人気となった。

 * * *

 両リーグとも最下位からの優勝と、なかなか予想できないシーズンだった。ヤクルトは奥川、高橋の成長に加え、田口を中継ぎで起用するなど変幻自在の投手起用もはまった。オリックスは優勝した交流戦で1、2番に福田、宗が定着し、吉田正、杉本の3、4番まで打線が固まったことが大きかった。

 日本一はオリックスとみる。山本、宮城の先発2人は強力で、チームとしても交流戦でセ・リーグに対しいいイメージを持っている。CS第1Sで勝ったチームが勢いに乗って上がってきたとしても、山本、宮城ならその勢いも止められる。

 セ・リーグは巨人、阪神は故障者も出るなど状態がよくない。ほぼ万全のヤクルトが日本シリーズへ駒を進める可能性が高いだろう。巨人がこの試練を乗り越えるためには、やはり菅野と坂本がカギ。投打の柱で顔でもある2人が役割を果たし、そこに岡本和、戸郷らが続く形になれば、突破口も見えてくる。(スポーツ報知評論家・高木豊)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請