掛布雅之氏、絶対エース・山本由伸の存在大きいオリックス…忖度なし日本一予想

掛布雅之氏
掛布雅之氏

 プロ野球は、クライマックスシリーズ(CS)が6日に開幕。巨人はセ・リーグ3位からの下克上を目指し、甲子園での阪神戦に臨む。スポーツ報知では本紙評論家10人に日本一を予想してもらい、パ・リーグ覇者のオリックスが断トツの1番人気となった。

 * * *

 パ・リーグ覇者のオリックスは、右尺骨骨折で離脱した吉田正が復帰できれば、日本一に大きく近づく。不在の場合は、打線に若干の不安は残るが、山本という絶対的なエースを抱えているのが大きい。

 1勝のアドバンテージのあるCS最終Sも、初戦の山本で勝ちを計算できるため、実質2勝分は有利だ。日本シリーズでは、山本を1、5戦に先発で起用し、7戦目もリリーフで待機させれば心強い。左の宮城もレギュラーシーズンの疲労が抜けていれば、打ち崩すのは難しい投手だ。

 ヤクルトは開幕前、投手陣、特に先発が駒不足とみていたが、高津監督の手腕が見事だった。リリーフ陣が整備され、先発でも奥川、高橋という若手が頭角を現してきた。だが、奥川は大事に使われており、ポストシーズンでも短い登板間隔では投げさせにくく、ローテを組むのに苦心しそうだ。

 阪神は体調面が心配な高橋が普通に投げられれば、先発投手の層は厚い。ただ、打線の好不調の波が激しく、得点力不足が否めない。(スポーツ評論家・掛布雅之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請