近藤真彦、歌手活動復帰コンサート開催「人の前で歌を歌うことの喜びを与えてもらいました」

スポーツ報知
歌手活動を復活させた近藤真彦

 昨年の不倫報道で芸能活動を自粛し、ジャニーズ事務所を退所した歌手の近藤真彦が2日、東京・中野サンプラザで、歌手活動復帰コンサート「Masahiko Kondo Re START 20+21+1×1‐2」を開催した。

 デビュー当時から公演を行い、節目の記念コンサートも行った東京・中野サンプラザ。公演名の「20+21+1×1-2」は2021年11月2日を“40”にする数式で、デビュー40周年の節目の再出発となる。昼夜2公演で4000人の観客が集結。「ギンギラギンにさりげなく」など全35曲を熱唱した。

 ライブには、ギタリストで「たのきんトリオ」として近藤と共に人気を博した、野村義男も駆け付けた。近藤は「マスクをして声を出せないファンの方たちの声援が僕には聞こえました。すごく励まされましたし、勇気づけられました。人の前で歌を歌うことの喜びをまたファンの皆さんに与えてもらいました。これからも僕の財産であるヒット曲を大事に歌っていきたいと思います」とコメントした。

 野村は「はっきり言って、おもしろかった!! マッチ君は最初は緊張してたけど僕が登場した中盤あたりからはいつものまま!昔からあの感じ。マッチ君は自分のペースをつかむのが早い。頭がいいからなぁ。近藤真彦は、何も変わってなかった、全く変わってなかった」と話した。

 ライブでは、12月9日から神奈川県・横浜を皮切りに、近藤と野村の全国ツアーが開催されることも発表された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請