宝塚音楽学校、テレビ愛知でCM放送 中京圏でさらなる知名度アップへ…12日から

スポーツ報知
宝塚音楽学校生徒募集のポスター前に並ぶ宝塚元雪組および月組組長で宝塚音楽学校職員の飛鳥裕さん(右)とテレビ愛知・岡田愛マリーアナウンサー(C)テレビ愛知

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫・宝塚市)が地上波でテレビCMを放送することが2日、分かった。テレビ愛知(テレ東系、名古屋市)で12日からオンエアされる。

 宝塚音楽学校が、宝塚歌劇団創立107周年の今年、地上波テレビでCM放送を行う。少子化が進む中で同音楽学校のさらなる知名度アップを図り、より多くの少女にチャレンジを促すきっかけとする狙いがあるとみられる。また、すでに関西圏では阪急電鉄の車内動画広告などを展開しているが、関西圏、首都圏に次いで受験者が多いものの、常設劇場が存在しない中京圏でのPR強化も、テレビ愛知で放送される理由のひとつのようだ。

 同局の岡田愛マリー(めぐみまりー)アナウンサー(31)は宝塚音楽学校を受験した経験があり、同局公式YouTubeチャンネルで“宝塚愛”を語る「岡田愛マリーの待てば歌劇のヅカ日和」を配信している。6日公開分からは元雪組および月組組長で現在は同音楽学校職員の飛鳥裕(あすか・ゆう)さんをゲストに招いてトークを展開。3週にわたって配信する予定だ。岡田アナは「幼い頃からの憧れで大好きだった『宝塚』とお仕事ができたことを幸せに思います。この企画が少女たちの夢につながることを祈っています」と中京圏からの受験者増加を呼びかけた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請