馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

【阪神5R・2歳新馬】ジャマンが4馬身差の圧勝 単勝万馬券演出の永島まなみ騎手はデビュー6勝目

鮮やかに逃げ切ったジャマンと永島まなみ騎手(赤帽)
鮮やかに逃げ切ったジャマンと永島まなみ騎手(赤帽)

 10月31日の阪神5R・2歳新馬(芝1600メートル=14頭立て)は単勝11番人気、113・4倍のジャマン(牝、栗東・高橋康之厩舎、父リオンディーズ)が後続に4馬身差をつける鮮やかな逃げ切り勝ち。騎乗した永島まなみ騎手はデビュー6勝目となった。なお、単勝1番人気のホープインザダーク(牡、栗東・池江泰寿厩舎、父モーリス)は直線で伸びを欠き、11着に終わった。勝ち時計は1分35秒0(良)。

 発馬で楽に主導権を握ると、前半800メートルが49秒1というスローペースに持ち込む。余力十分に迎えた直線では1番人気のホープインザダークを楽に振り払い、馬場の真ん中をしっかりとした脚取りで駆け抜け、後続に影も踏ませなかった。

 「追い切るたびに、動きが良くなっていました。新馬なのでフラフラするところはありましたが、直線ではしっかり反応してくれました。これから、もっと良くなると思います」と永島まなみ騎手は満足そうに振り返る。これが8月29日の小倉6R(2歳新馬)以来となる6勝目。同馬を管理し、師匠でもある高橋康調教師は「よかった。ちょっと勢いをつけてあげたかったし、これで自信を持ってくれれば」とホッとした表情を浮かべていた。今後は未定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請