れいわ新選組・山本太郎代表が新宿で最後のお願い 1時間のツーショット写真会

スポーツ報知
JR新宿駅南口前で演説を行う山本太郎氏

 第49回衆議院選挙(31日投開票)の選挙戦最終日となった30日、東京ブロック比例単独候補であるれいわ新選組の山本太郎代表は”最後のお願い“の地にJR新宿駅南口前を選んだ。

 「やってやろうじゃないかよ!変えてやろうじゃないかよ!」集まった700人ほどの聴衆を前に山本氏は声を張った。

 応援には、音楽評論家・湯川れい子氏、須藤元気参院議員らが駆けつけた。

 山本氏は、消費税撤廃などの政策を主張。「心配しないでいい財源はある。心配しないでいい希望はある。当たり前の社会を作っていく第一歩、それが明日の選挙。どうか2枚目の投票用紙にはれいわ」と訴え、午後8時ちょうど、マイクを置いた。

 演説のあとは、選挙期間中恒例となっていたツーショットタイムへ。200人を超える人が列をなし、山本氏は約1時間かけて並んだすべての人と写真を撮った。

 写真を撮り終えた山本氏は、「私たちは浮ついた気持ちはない。1議席でもとれれば勝利だ」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請