31日号砲・全日本大学女子駅伝 大東大の外園隆監督「目標は当然優勝です」 7度の準優勝からリベンジを誓う

記者会見をする前年2位の大東大・外園隆監督(カメラ・関口 俊明)
記者会見をする前年2位の大東大・外園隆監督(カメラ・関口 俊明)

◇報知新聞社後援 全日本大学女子駅伝対校選手権(31日午後0時10分号砲、弘進ゴムアスリートパーク仙台―仙台市役所前市民広場=6区間38・1キロ)

 全日本大学女子駅伝は31日に号砲が鳴る。30日は区間エントリーと優勝旗・優勝杯返還式が行われた。シード8校の監督が会見に出席し、大会開催への抱負や、鍵となる選手について語った。

 11年連続11回目の出場となる大東大の外園隆監督は、「目標は当然優勝です」と力強く宣言。これまで2013~15年、17~20年で7度の準優勝。黄金時代を築いた立命大や名城大の影で、あと一歩優勝を逃してきた。リベンジを狙いたい大東大は今回、1区に3000メートル障害で国内トップ級の吉村玲美(3年)、エース区間の5区には全日本学生対校選手権1万メートル優勝の鈴木優花(4年)を起用。間の2~4区には四元桃奈、鈴木日菜子、藤原唯奈の1年生を抜てきした。外園監督は、「どこまで1年生が頑張れるか。初出場の時と同じワクワクを感じています」と期待を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請