31日号砲・全日本大学女子駅伝 日体大は過去最高2位以内へ、保坂晴子1区&山崎りさ3区を投入

記者会見で質問に答える佐藤洋平監督(カメラ・関口 俊明)
記者会見で質問に答える佐藤洋平監督(カメラ・関口 俊明)

◇報知新聞社後援 第39回全日本大学女子駅伝対校選手権(31日午後0時10分号砲、弘進ゴムアスリートパーク仙台―仙台市役所前市民広場=6区間38・1キロ)

 全日本大学女子駅伝は31日に号砲が鳴る。30日は区間エントリーと優勝旗・優勝杯返還式が行われた。

 昨年、過去最高タイの3位に入った日体大は、日本学生対校選手権1500メートル優勝の保坂晴子(2年)が1区、同5000メートル3位の山崎りさ(1年)が3区に入るなど、若い勢いのある選手を序盤区間に投入し、過去最高の2位以内を目指す。佐藤洋平監督は「絶対的エースはいないが、それぞれの役割を果たせれば(目標を)達成できる。大会後に良かったと思えれば」と静かに自信を見せた。

 11~15年に5連覇を達成した立命大は、1区に村松灯(とも)、5区に中地こころの付属校出身の1年生を起用。中学、高校から実績のあるルーキーについて杉村憲一監督は「環境の変化でいろいろありました。注目していい選手」と快走を期待した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請