【巨人】先発の堀田賢慎が3回無失点、秋広優人は猛打賞 1―1の引き分け…フェニックスリーグ広島戦

スポーツ報知
堀田賢慎

◆みやざきフェニックス・リーグ 巨人1-1広島(30日・天福)

 巨人対広島戦は、1―1の引き分けで終わった。

 0―0の初回1死から連打で一、二塁とし、秋広のショートへの打球を矢野が後逸。記録はヒットになり先制に成功した。先発の堀田は3回無失点と好投。

 2番手の木下は、4回無死満塁の一ゴロ間で広島が1点を返し同点に追いつかれた。

 木下は最少失点に抑え、投手陣は戸根、横川、沼田、堀岡の投手リレーでつないだが、打線が得点を奪えず。引き分けで試合終了した。

 巨人・秋広優人「きょうは変化球もストレートも打つことができ、追い込まれてからも打てたので、よかったと思います」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請