馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 小倉 函館

【阪神9R・萩S】ダノンスコーピオンが無傷2連勝 川田将雅騎手「よく辛抱してくれました」

ゴール直前でキラーアビリティ(奥)を差したダノンスコーピオン(手前)が無傷2連勝(カメラ・馬場 秀則)
ゴール直前でキラーアビリティ(奥)を差したダノンスコーピオン(手前)が無傷2連勝(カメラ・馬場 秀則)

 10月30日の阪神9R・萩S(2歳オープン・リステッド、芝1800メートル=6頭立て)は2番人気のダノンスコーピオン(牡2歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が勝って賞金加算に成功。今後のローテの組み方が一気に楽になった。勝ち時計は1分48秒5(良)。

 隣のキラーアビリティがゲート内でうるさかったのに連られて、ガタガタしたところでスタートを切られ出負けする格好に。1000メートル63秒0のスローでテンに力んでいたが、勝負どころで前に壁ができると落ち着いた。直線は外に出し、エンジンのかかりは遅かったが、単走の形で伸びて、ゴール寸前でキラーアビリティ(2着、岩田望来騎手)を首差とらえた。

 6月の新馬戦に続いて手綱を執った川田将雅騎手は「1800メートルでも、よく辛抱してくれました。直線、強い2着馬と併せないよう、外に離して行きました。着差はわずかでしたが、勝ち切ってくれたのは大きいですね。現状で精いっぱいの走りをしてくれました」と相棒をたたえた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請