【楽天】ドラフト7位JFE西日本・吉川雄大は広陵高で太田と同僚「早くバッテリーを組みたい」

楽天からドラフト7位指名を受けたJFE西日本・吉川雄大は185センチの山下スカウト(左)とグータッチ
楽天からドラフト7位指名を受けたJFE西日本・吉川雄大は185センチの山下スカウト(左)とグータッチ

 楽天からドラフト7位指名を受けたJFE西日本・吉川雄大(かずき)投手(24)が29日、広陵高のチームメートだった太田とのコンビ再結成を目標に掲げた。広島・福山市内の同社で指名あいさつを受けた即戦力右腕は「一日でも早く1軍でバッテリーを組みたい」と熱望した。先発、中継ぎも問わず「投げられる試合は全て投げたい。どんな場面でも投げる」とフル回転を誓った。

 身長167センチと小柄で169センチのロッテ・美馬に強い「憧れ」を抱く。かつての楽天の先輩のような馬力のある投球スタイルが最大の魅力で、最速146キロの伸びのある直球に加えて、ナックルカーブやツーシームなど5種類の変化球を操るなど器用さも持ち合わせている。

 新球のシュート習得にも挑戦中だといい、両サイドと縦の変化球を組み立て、打者を幻惑していくつもりだ。既に美馬の投球動画を参考に「右打者の腰を引かせるようなボールを投げている。そこをまねして生かしていきたい」と高い向上心をのぞかせた。

 入団が決まれば、チーム最低身長となる“ミニマム吉川”。太田とのタッグで杜(もり)の都を沸かせる。(長井 毅)

 ◆吉川 雄大(よしかわ・かずき)1996年12月12日、広島県生まれ。24歳。広陵高3年夏の甲子園で戦後春夏通算2000号のメモリアル弾をマーク。最速146キロの直球にカーブ、カットボール、チェンジアップ、ナックルカーブ、ツーシームを操る。167センチ、81キロ。右投右打。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×