パイレーツがFAとなった筒香嘉智外野手に残留交渉スタート

スポーツ報知
筒香嘉智(ロイター)

 パイレーツが今オフにFAとなる筒香嘉智外野手との再契約に向け、交渉を開始したとベン・チェリントンGMが28日(日本時間29日)、記者団に語った、とピッツバーグポストガゼット紙のマッキー記者がツイッターで伝えた。

 筒香は今季メジャー2年目をレイズで迎え、26試合に出場して打率1割6分7厘で戦力外となり、5月にドジャースに移籍。12試合、打率1割2分でマイナー落ちした。

 その後、3Aで10本塁打したものの再び戦力外となり、シーズン3チーム目となるパイレーツへ移籍。ここで打撃がDeNA時代のような迫力が復活。43試合で打率2割6分8厘、前年と同じ8本塁打を放った。その中には逆転サヨナラ3ランや、メジャータイ記録の代打での3打数連続アーチなどもあってパイレーツのファンの印象に残る一発が少なくなかった。

 メジャーでは来季からナ・リーグもDH制になる構想が上がっており、そうなればパイレーツでの筒香の存在がより高くなる、としている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請